[57]人を認めよう、誉めよう。そして、謙虚になろう!(京谷和幸) - きっと、うまくいく!|世界平和青年連合(YFWP)

[57]人を認めよう、誉めよう。そして、謙虚になろう!(京谷和幸)

mail_01.jpg 京谷和幸(きょうや・かずゆき、1971年〜)氏は、北海道室蘭市出身のパラリンピック元車椅子バスケットボール代表選手。プロサッカー選手として1993年10月、Jリーグ公式戦初出場を果たしたが、11月に交通事故で脊髄を損傷。
 下半身不随となって車椅子生活を送ることとなり引退。その後、車椅子バスケットボールを始め、2012年まで4大会連続でパラリンピックに出場。北京オリンピックでは日本選手団の主将も務めた。

 京谷さんは自分の人生を振り返り、「人間の真価が問われるのは、順風満帆で何事もうまくいっている時ではない。どん底に落ち込んでどうにもならなかった時だ」と述べている。

「とにかく人を認めよう、人を誉めよう、謙虚になろうとそればかりを考えてやってきました。それがやがて習慣となり、いつの間にか自然と人を認めることができ、人を誉めることができ、誰かのために何かをしようという考え方ができるようになりました」

 どん底に落ち込んだ時、自分の真価が問われる。人を認めよう、誉めよう、謙虚になろう。そして、誰かのために生きてみよう。きっとうまくいくはずだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © きっと、うまくいく!|世界平和青年連合(YFWP) All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。