[55]違う性格の人と力を合わせて仕事をしてみよう!(西堀榮三郎) - きっと、うまくいく!|世界平和青年連合(YFWP)

[55]違う性格の人と力を合わせて仕事をしてみよう!(西堀榮三郎)

mail_01.jpg 西堀榮三郎氏は第一次南極地域観測隊越冬隊長を務めた探検界のリーダー。京大講師、東芝の技術者を経て京都大学教授、日本山岳協会会長などを務めた。真空管の開発、品質管理の指導、原子力、海洋などの分野でも探検者精神で取り組み、教育者・哲学者としても評価されている。

「皆、違うからいい。異質だからいい」「同じ性格のものが3人団結してもそれは和にすぎないが、それぞれに違う性格の者が団結した場合には積の形で大きな力になる。つまり掛け算になる」「後輩や部下にチャンスを与えることが一番のプレゼント」

 西堀氏の言葉は現代社会に必要なリーダーシップとチームワークのポイントを示している。違う性格の人と力を合わせて仕事をしてみよう! きっとうまくいくはずだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © きっと、うまくいく!|世界平和青年連合(YFWP) All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。